Microsoft Outlock 97の設定

Microsoft Outlock 97の設定

Microsoft Outlookは送信先毎にリッチテキストを付けるか付けないかコントロールしています。このため、SWECのアドレスを登録しておき、そのプロパティでMicrosoft Exchange リッチテキスト形式でメッセージを送信しないようにしておくと便利です。by Kato/Graph.K

1. アドレスの登録の仕方 2. 新規にメッセージを送る場合 3. リプライを返す場合

1. アドレスの登録の仕方


1.1メニューの新規作成/メッセージで新規メッセージ編集画面を呼び出します。
1.2「宛先」をクリックして、「名前の選択」を表示します。
1.3「作成」をクリックして「エントリの作成」を表示します。
1.4「エントリの種類の選択」の中で「インターネットメールアドレス」をクリックして選択します。
1.5下のアドレス帳をチェックして利用するアドレス帳(個人用アドレス帳)を指定します。
1.6「OK」をクリックすると、「新しいインターネットメールアドレスのプロパティ」が出現します。
1.7「表示名」にSWECなどのように分かりやすい名前を設定します。
1.8「電子メールアドレス」に「step@m2.list.ne.jp」を書き込みます。
1.9下の「常にMicrosoft Exchange リッチテキスト形式でメッセージを送信」のチェックを外します。
1.10「OK」で終了します。

1. アドレスの登録の仕方 2. 新規にメッセージを送る場合 3. リプライを返す場合

2. 新規にメッセージを送る場合


2.1 メニューの新規作成/メッセージで新規メッセージ編集画面を呼び出します。
2.2 「宛先」をクリックして、「名前の選択」を表示します。
2.3 名前の選択で1で登録した名前(ここではSWEC)を選択して、「宛先」をクリックします。
2.4 OKをクリックするとエディッタに返り、宛先に選択した名前が入ります。
2.5 念のため宛先の名前をマウスの右ボタンでクリックして、プロパティを表示し、「SMTP-インターネット」を開いて
「常にMicrosoft Exchange リッチテキスト形式でメッセージを送信」がチェックされていないことを確認してください。

1. アドレスの登録の仕方 2. 新規にメッセージを送る場合 3. リプライを返す場合


3. リプライを返す場合


オリジナルのSMTPヘッダが削除された状態になっているので念のため以下の ような操作をしてください。
3.1 読んでいるメールの「返信」をクリックします。
3.2 編集する前に、宛先のアドレスを削除してから、2.2以降の操作をします。

1. アドレスの登録の仕方 2. 新規にメッセージを送る場合 3. リプライを返す場合